2008年08月07日

保険会社

中国は古代軍事家は言葉がありました:“古来より万世を図らない者、不足は1時を図って、全体の局面を図らない者、不足は1地域を図ります。”1社の戦略的計画をない企業、1社の長期的目標をない企業、歩くのがあまりに遠いことはでき(ありえ)ないことを運命付けます。日光の保険グループはずっと“の高水準からのスタートを堅持して創立して、遠い戦略は発展します”。創業の初めで、張維の功は断固としてもとは悪くない株主をつなぐこととそれぞれ自分の道を歩んで、背水の陣で臨む類はあちこち適当な株主を探して、考慮のは日光の古い発展です。でも、これはただ日光会社と案内人だけを体現していて戦略的計画の1つの側面を行います。日光の創業の初め、張維の功は配置して盤面が強く降りました。“戦略的計画は企業の方向が導くのです。”会社について創立する初めの予見、計画の能力。張維の功は総括して9つの字になります:遠くまで見えて、思うのが明るくて、するのが本当です。彼の自信は十分にみんなに教えて、日光が1番上等の技術の力で、最も良いサービスのレベル、最も強い市場の能力と最高の利潤の能力、ひとつ開放的で、規格、調和がとれていて、を製造して鮮明な個性の特徴の保険会社があって、社会に親和力、影響力と吸引力を感じさせて、業界の内で人に尊敬されて、魅力をあこがれて満たさせられて、会社の内で活力、動力と合力を表して、従業員に温かみの感を持って、感と栄誉感を充実させます、株主に信頼感を生んで、感の共に同感を期待させますと。日光の絶対に発展する戦略的計画、それは日光の保険グループの発展に方向を明示して、戦略目標の配置をして、はっきりしている日光の保険グループの発展のパス。その上、すでに発生した事実はみんなに教えて、日光の戦略はすでに早めにそしてを実施して急速に進めます。日光の保険グループの未来の夢、すでに戦略的計画の下で1歩1歩現実になりました。
日光の保険のすでに出て行った3部作(曲)から見にきて、まず財の危なさを設立することを申請して、目標はより少ない資金を使うので、使って比較的に短い時間が利潤を実現して、株主の理解と支持を獲得します、後続戦略のために下地をしっかりと行うことを手配します;先に生命保険で持株グループを創立して、資本にバランスを取り戻して関係を制御することにこのように利益があって、集約の管理を実現します;迅速に生命保険を創立して、会社の全体の戦略の全体の手配です。
日光の保険はこのように互いに掛ける発展の措置に環、理事長兼総裁の張維の功の説明は最も説得力を備えます。彼は、これは決して偶然の合致でなくて、3年前に、将来についてどのように発展して、会社をどんな様子につくって、出発して会社を建てます前に、自分ですでに明らかになったことを考慮しました:保険の業界の中で、財産の危なさは比較して言うと利潤の時間は短くて、ここから始めて、比較的に短い時間の中で利潤を実現することができて、株主の理解と支持を勝ち取って、それから持株を通じて(通って)1つのプラットフォームを建て始めて、更に生命保険を設立しますと表しています。もし逆にするならば、先に生命保険を創立して、更に財の危なさを創立して、しばらくの時間内は損失の泥沼の中で落ちって、株主の理解、信用と支持が得られないで、会社の戦略は話しようがないことを進めます。
業内の権威のある人はかつてこのように評価しました:“日光の3年の歩いたことがある道、創造の業績、保険業を上回ってたくさん10年の会社を創立します。”3年10年他の人に到着して、どのようにやり遂げますか?日光の安全な従業員はたぶん答えて、ここで働いて、一日3日到着して、1年3年到着して、3年の自然は10年到着します。もしこの半分冗談を話し終わるならば、彼らはまたとても丁重なことができてあなたに教えて、このすべてはまた会社の計画、設計が適切ですのおかげです。
容易に見て取れて、日光は絶対に1皿の大きい発展の盤面で、どのように子を配置して、いつ子を配置して、何がふと思いつくのではありませんて、道に従って進むので、漸次広げます。“会社の創立の(以)後で、事ごとに、すべて1歩ずつ着実に進めるので、1本の恒心を使います、1つの決心、1粒の忠誠心が進めます。”“するのが本当です”に話及んで、張維の功は多少感動します。
実は、張維の功はもう少し早い幹の生命保険を思っています。2006年、日光の財の危なさは保監会に生命保険会社の建設する計画の申請を手渡しました。手渡した後に間もなくて、“国の10条”は登場して、張維の仕事率の班長の子の成員が真剣に関連しているファイルを学んだ後に、保険の持株グループの空間あるため日光の財の危ない発展を思って、そこで中国の保監会にひとつ手渡して“日光の保険の発展戦略がおよび生命保険会社のお伺いを設立します”といいます。2007年3月の28 日、保監会は正式に日光の持株会社を創立してとこの基礎の上で日光の生命の保険会社を創立することに賛成します;4月26日、持株会社の準備する材料は保監会を報告して、5月13日、保監会は正式に準備に意見を添えて返答して、6 月22日、30数日だけを使って、絶対に正式の創立に株を所有し経営に参画して、登録する資本金の27.5億元。2007年の年末、日光の生命の保険会社は開業して、現在北京支社はすでに開業して、別に積極的な建設する計画の中で湖北、陝西、重慶、広東、湖南、山東、浙江、江蘇、四川などの9地の省レベル支社があります。
こんなに厳格かつ迅速な事を進める風格、道理で張維の功は感動します。
2008年3月20日、日光が絶対に株式有限会社に株を所有し経営に参画して改名しておよび日光の生命保険有限会社記者会見を創立します上に、変えるグループに株を所有し経営に参画しますから記者の“の日光に直面して、それとも名前の上の変化かだけが本質の変更があるか?”の質問、張維の功はこのように答えます:持株会社は最も実質性の戦略のプラットフォームで、持株会社の創立が持株に比べてグループの意義を直して要しますずっと大きいです。しかしみんなの1つの重要な情報に直すグループに株を所有し経営に参画します――私達は更に整っている戦略のプラットフォーム、サービス・プラットフォームと発展のプラットフォームを建てます。新しいプラットフォームを建てて、更に保険のサービスの全面性を体現していることに利益があります。
現在、日光の保険グループはすでに日光の財の危なさ、日光の生命保険の2軒の全国的な保険会社を持って、産すること、生命保険は総合的に経営のプラットフォームはすでに完成して建てて、これは日光が絶対に業務の領域で寿の両翼の構造を産してすでに形成したことを示します。将来産すること、生命保険の以外、更に必要でその他の保険のサービスの領域にしみ込むかもしれません;更に長い将来で、保険業の外のその他の金融の領域もある程度関連するかもしれません。発展の過程の中のいくつか実質性の戦略の措置について、すでに基本的な手配をしました。
同日、張維の功はまたたいへん感動して彼と日光の保険グループの未来の夢を述べました:“製造して最も品質と実力の保険会社を備えます”のは景下を望んで、会社が20年の頃創立する時期、日光を絶対に世界レベルな金融保険グループに製造します。配置がはっきりしています、措置が合理的です、行動の穏健な戦略的計画、人に日光に対して安全な未来期待を満たさせませんことができなくて、このすでに昇った保険の新星、間もない時空のトンネルの中で、パトロールのまばゆい太陽の類の光芒に毛が生えます。
営業 求人海外営業MR未経験 営業営業のキャリア事務 求人一般事務営業事務経理事務医療事務経理 求人未経験 求人経理会計経営 コンサルタント経営コンサルタント財務コンサルタント人事コンサルタントマーケティング生産・物流コンサルタント未経験 コンサルタント神奈川 求人千葉 求人仙台 求人仙台市埼玉 求人愛知 求人職安 求人情報ハローワーク 求人情報中途採用CCNA
CCNA
posted by 営業 at 11:58| Comment(32) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社は一つ

これ《の日光の内幕に文章を書きます――日光の保険グループの3年の迅速な飛躍のシリーズは》を報道して、筆者を日光の保険の3年近くの発展の軌道に対して更にはっきりしていて深い認識があらせて、イタリアがまるでまだ終わらない時すぐ更にこの文の興奮を書くことがいます。張維の功を核心の日光人にして、中国の保険業の良くて速い発展が積極的に探求して、絶えず実行して、大胆に新機軸を打ち出すために知恵と労働を貢献して、人に敬服の念を抱かせます。心から彼らが新しいもっと大きい成功を得ることを望んで、中国の保険業の健康のために発展して更に新しい見せる色を増やします。更にこれらの数字を少し見にきます:2007年、32億元の各準備金の前提を取り出す下に、日光の財の危なさは利潤の2308.8万元を実現して、創造して新しく財産の保険会社の利潤の時間最も短い歴史の記録を設けるだけではなくて、しかも財の危ない会社を打ち破って4〜5年ようやく利潤の記録を実現することができます;42財産の危ない会社の中で順位が登る前に9、その返済能力は更に240%まで達成しました;日光の保険グループは利潤を実現します 0.96億元、総括的な資産は15倍増大して、160億元に達します。ひとつは得てこのように成功してしかもこのようで迅速な企業、絶対に歴史の偶然であることはでき(ありえ)なくて、きっとその独自の優れた点があるのです。保険の市場競争の日に日に激烈な社会の背景の下で、日光保険グループが大股で無から有になる前に今日まで通行して、成長して中国になって第7軒の保険グループ、業界の発展と企業に対して発展してすべてきわめて重要な啓発を持っています。真っ先に行いますの1つの核心の企業の指導者です。理事長兼総裁の張維の功の特色は鮮明で、企業の指導者の風格を高く備えます。彼の創業する初めの局部の犠牲で大局を維持することの類窮地の何とか生き延びようとする動作の中から、すでに張維の功の性格の集合の中の1つの重要な側面を体現して、彼に対して続いて事業で展覧期間の一生懸命元気なことに拓本をとりますすぐ別に不思議ではありませんでした。いっそう重要なのは彼の策略で欺く配置で、日光の財の危なさを設立して日光まで(へ)絶対に日光の生命保険まで(へ)株を所有し経営に参画して、日光の安全な発展ずっと舵手者の方向の中で前行。改革開放は今日まで行われて、すべての人はすべて再び企業の指導者の価値を判定して、人々が発見するため、、構築が精巧な構造がだけあるのは整って、企業は自分で前進しことができないて、国家の運行と違い、企業の運行は外部監督に不足して、だから、企業の発展は必ず核心の人物がいなければならなくて、創業の間もない企業にとって更にこのようです。これを除いて、張維の功の一手に導入して製造し始める高管の団と従業員の隊列。万事はすべて人がしたので、事をつくることがあり得ない人材がありません。日光は絶対に開始の段階にその明るい将来性と恐れることがない精神で人材を引きつけて、発展段階がそのとてもずば抜けた業績で才能の空間を発揮することとで人材を引きつけて、そしてすべてのに日光に参加する人を1つのすばらしい将来性をあげました。これら、日光の保険をさせるのは人材が多くて、全国各地、各種の企業の背景からの人は最後に日光の大きい所属まで(へ)集結して、共に“製造して最も品質と実力の保険会社を備えます”のを作るのがすばらしくて景を望みます。その次に、日光の成功はまた科学のはっきりしている企業の発展戦略のおかげです。戦略的計画は企業の方向が導くので、“製造して最も品質と実力の保険会社を備えます”のは景下を望んで、会社が20年の頃創立する時期、日光を絶対に世界レベルな金融保険グループに製造します。第3、日光会社は1社の偉大な企業が全部1つの優秀な企業文化から源を発することを十分に知っていて、そのため会社の開業の前に近い3ヶ月の時間の特別テーマの研究討論会社の企業文化を取り出して、そして1歩1歩形成して現在我が国企業の珍しい文化が特色を建設します。“大衆の家の長さに集まって、自己の道を取ります;業内の人材に集まって、納める内外の賢人;高水準からのスタートは創立して、遠い戦略は発展します;風雨の中で事をして、日光の下で身を処します;精華の道を歩いて、日光のブランドの”の原始の文化を作って、“共通の成長は、価値、誠実と信用と関心と愛、激情と理知、革新と実行、団と個人を創造して、自己に打ち勝ちます”の核心の文化;販売、核を指導して守って、会計監査員、人材育成のなど具体的な仕事のが文化などを分けて、文化として大幅に発展して大いに繁栄しているのが一回みごとで意識的に実行することを建設して、日光の文化はすでに日光会社の発展する魂と治司の宝物になりました。第4、日光が絶対に革新をあがめ尊んで、革新を求めて、ずっと新しい治司の理念を堅持します、新しいのが人の標準を選びます、新しい発展の構想、新しい発展のモード、日光の特色の発展の道と管理パターンを形成しました。日光の利潤のモードが新機軸を打ち出します、販売の管理が新機軸を打ち出します、賠償請求処理が革新、機関を管理して革新、製品開発の革新、リスク管理の革新などを計画して建設します、日光の発展のために巨大な知恵の資源と指導の原則を集めて蓄えて、企業の発展の尽きない動力になりました。第5、会社の株主の品質、株権の構造、株主の間がはかりの関係の理事会、株主総会の文化と管理者と株主をつくるのは信頼し合います会社の長い発展の根本です。日光会社は創立から、ずっと会社を管理して企業の発展の根本として、創業者は失業と生命のリスクでいとわないで、堅忍不抜にそれを守って、選択を堅持して戦略の目と強大な実力の株主の組合せを持って、株権の分散、平衡、多元の株権の構造を堅持して、専門の唯一の董と株主の高層構成する高層の専門の政策決定のメカニズムを形成して、会社の管理者のは仕事熱心でと専門株主および階に方策を決める高い認可を勝ち取りました。3年近くの努力を経て、会社はすでに文化を管理することととても良好な管理する構造を形成しました。あります、1社の企業の成功と失敗、実行して重要な決定的な作用を果たすことができます。日光の文化の中で明確に“実行するのが最も基本的な職業の素養です”を出して、そして絶えず実行の文化を強化して、ずっと“を強化して意識を実行して、実行の能力”を高めて実行の措置を強化して常に努力し怠らないこととして、会社の実行の能力はとても速いことを高めてそして慣性を維持しました。実は、日光は企業界、に保険界の持ってくる啓発にはるかにこれらに止まらないで、ここで行列に進んで述べる十分な紙面がなくて、遺漏が多い種類は人の1つの簡単な表象に挙げることしかできません。管理学の角度から言って、いかなる1つの組織の発展すべてほかでもなく3件の事、つまり人、制度と文化。しかしいかなる発展したくてそして良い組織を発展することができることがすきで、この3つの方面で十分な革新と強大な精密な息の神を持つことを必要として、もしも達成することができないならば、しばらく発展してたとえ1世の発展があることができないことがあることができますとしても。眺めを振り返って、すべての成功は今なお争う天下の企業は大部分が(は)このようです。この意義の上から言って、日光の安全な諭し示す価値は普遍性を持って、しかしいかなる1家の成功の企業はまたその独特な偉大な場所があって、企業も千人の千ページです。そのため、この角度から出発して、日光の安全な多い方法はまた人に1つの参照に価値がある優秀な標本を提供しました。日光の安全な光り輝く歴史の中から、注意深い人々は成功の企業の普遍的な掟を読むことができるだけではなくて、更に日光を読んでみごとで独自の特色を持つことができます。
神奈川神奈川、横浜、みなとみらい戦略コンサルタント日誌山田さん、武藤さん、不動産営業マン777転職サイト情報営業戦略会議営業マンの転職記録自分が武器の営業のススメキャリア入門ライアンの営業伝授仙台営業億の細道埼玉の仕事できる事務を目指して事務ナビ営業事務の基本一般事務への道事務の仕事ナビ医療事務への道神奈川営業もまっしぐらコンサルタントもまっしぐら働くということ営業の道にたつ営業マン
posted by 営業 at 11:55| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラットフォーム作成

こんなに厳格かつ迅速な事を進める風格、道理で張維の功は感動します。

2008年3月20日、日光が絶対に株式有限会社に株を所有し経営に参画して改名しておよび日光の生命保険有限会社記者会見を創立します上に、変えるグループに株を所有し経営に参画しますから記者の“の日光に直面して、それとも名前の上の変化かだけが本質の変更があるか?”の質問、張維の功はこのように答えます:持株会社は最も実質性の戦略のプラットフォームで、持株会社の創立が持株に比べてグループの意義を直して要しますずっと大きいです。しかしみんなの1つの重要な情報に直すグループに株を所有し経営に参画します――私達は更に整っている戦略のプラットフォーム、サービス・プラットフォームと発展のプラットフォームを建てます。新しいプラットフォームを建てて、更に保険のサービスの全面性を体現していることに利益があります。

現在、日光の保険グループはすでに日光の財の危なさ、日光の生命保険の2軒の全国的な保険会社を持って、産すること、生命保険は総合的に経営のプラットフォームはすでに完成して建てて、これは日光が絶対に業務の領域で寿の両翼の構造を産してすでに形成したことを示します。将来産すること、生命保険の以外、更に必要でその他の保険のサービスの領域にしみ込むかもしれません;更に長い将来で、保険業の外のその他の金融の領域もある程度関連するかもしれません。発展の過程の中のいくつか実質性の戦略の措置について、すでに基本的な手配をしました。

同日、張維の功はまたたいへん感動して彼と日光の保険グループの未来の夢を述べました:“製造して最も品質と実力の保険会社を備えます”のは景下を望んで、会社が20年の頃創立する時期、日光を絶対に世界レベルな金融保険グループに製造します。
配置がはっきりしています、措置が合理的です、行動の穏健な戦略的計画、人に日光に対して安全な未来期待を満たさせませんことができなくて、このすでに昇った保険の新星、間もない時空のトンネルの中で、パトロールのまばゆい太陽の類の光芒に毛が生えます。

営業 求人
海外営業
MR
未経験 営業
営業のキャリア

事務 求人一般事務営業事務経理事務医療事務経理 求人未経験 求人経理会計経営 コンサルタント経営コンサルタント財務コンサルタント人事コンサルタントマーケティング生産・物流コンサルタント未経験 コンサルタント神奈川 求人千葉 求人仙台 求人仙台市埼玉 求人愛知 求人職安 求人情報
posted by 営業 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日光の保険や

中国は古代軍事家は言葉がありました:“古来より万世を図らない者、不足は1時を図って、全体の局面を図らない者、不足は1地域を図ります。”1社の戦略的計画をない企業、1社の長期的目標をない企業、歩くのがあまりに遠いことはでき(ありえ)ないことを運命付けます。日光の保険グループはずっと“の高水準からのスタートを堅持して創立して、遠い戦略は発展します”。創業の初めで、張維の功は断固としてもとは悪くない株主をつなぐこととそれぞれ自分の道を歩んで、背水の陣で臨む類はあちこち適当な株主を探して、考慮のは日光の古い発展です。でも、これはただ日光会社と案内人だけを体現していて戦略的計画の1つの側面を行います。日光の創業の初め、張維の功は配置して盤面が強く降りました。

“戦略的計画は企業の方向が導くのです。”会社について創立する初めの予見、計画の能力。張維の功は総括して9つの字になります:遠くまで見えて、思うのが明るくて、するのが本当です。彼の自信は十分にみんなに教えて、日光が1番上等の技術の力で、最も良いサービスのレベル、最も強い市場の能力と最高の利潤の能力、ひとつ開放的で、規格、調和がとれていて、を製造して鮮明な個性の特徴の保険会社があって、社会に親和力、影響力と吸引力を感じさせて、業界の内で人に尊敬されて、魅力をあこがれて満たさせられて、会社の内で活力、動力と合力を表して、従業員に温かみの感を持って、感と栄誉感を充実させます、株主に信頼感を生んで、感の共に同感を期待させますと。

日光の絶対に発展する戦略的計画、それは日光の保険グループの発展に方向を明示して、戦略目標の配置をして、はっきりしている日光の保険グループの発展のパス。その上、すでに発生した事実はみんなに教えて、日光の戦略はすでに早めにそしてを実施して急速に進めます。日光の保険グループの未来の夢、すでに戦略的計画の下で1歩1歩現実になりました。

日光の保険のすでに出て行った3部作(曲)から見にきて、まず財の危なさを設立することを申請して、目標はより少ない資金を使うので、使って比較的に短い時間が利潤を実現して、株主の理解と支持を獲得します、後続戦略のために下地をしっかりと行うことを手配します;先に生命保険で持株グループを創立して、資本にバランスを取り戻して関係を制御することにこのように利益があって、集約の管理を実現します;迅速に生命保険を創立して、会社の全体の戦略の全体の手配です。

日光の保険はこのように互いに掛ける発展の措置に環、理事長兼総裁の張維の功の説明は最も説得力を備えます。彼は、これは決して偶然の合致でなくて、3年前に、将来についてどのように発展して、会社をどんな様子につくって、出発して会社を建てます前に、自分ですでに明らかになったことを考慮しました:保険の業界の中で、財産の危なさは比較して言うと利潤の時間は短くて、ここから始めて、比較的に短い時間の中で利潤を実現することができて、株主の理解と支持を勝ち取って、それから持株を通じて(通って)1つのプラットフォームを建て始めて、更に生命保険を設立しますと表しています。もし逆にするならば、先に生命保険を創立して、更に財の危なさを創立して、しばらくの時間内は損失の泥沼の中で落ちって、株主の理解、信用と支持が得られないで、会社の戦略は話しようがないことを進めます。

業内の権威のある人はかつてこのように評価しました:“日光の3年の歩いたことがある道、創造の業績、保険業を上回ってたくさん10年の会社を創立します。”3年10年他の人に到着して、どのようにやり遂げますか?日光の安全な従業員はたぶん答えて、ここで働いて、一日3日到着して、1年3年到着して、3年の自然は10年到着します。もしこの半分冗談を話し終わるならば、彼らはまたとても丁重なことができてあなたに教えて、このすべてはまた会社の計画、設計が適切ですのおかげです。

容易に見て取れて、日光は絶対に1皿の大きい発展の盤面で、どのように子を配置して、いつ子を配置して、何がふと思いつくのではありませんて、道に従って進むので、漸次広げます。“会社の創立の(以)後で、事ごとに、すべて1歩ずつ着実に進めるので、1本の恒心を使います、1つの決心、1粒の忠誠心が進めます。”“するのが本当です”に話及んで、張維の功は多少感動します。

実は、張維の功はもう少し早い幹の生命保険を思っています。2006年、日光の財の危なさは保監会に生命保険会社の建設する計画の申請を手渡しました。手渡した後に間もなくて、“国の10条”は登場して、張維の仕事率の班長の子の成員が真剣に関連しているファイルを学んだ後に、保険の持株グループの空間あるため日光の財の危ない発展を思って、そこで中国の保監会にひとつ手渡して“日光の保険の発展戦略がおよび生命保険会社のお伺いを設立します”といいます。2007年3月の28 日、保監会は正式に日光の持株会社を創立してとこの基礎の上で日光の生命の保険会社を創立することに賛成します;4月26日、持株会社の準備する材料は保監会を報告して、5月13日、保監会は正式に準備に意見を添えて返答して、6 月22日、30数日だけを使って、絶対に正式の創立に株を所有し経営に参画して、登録する資本金の27.5億元。2007年の年末、日光の生命の保険会社は開業して、現在北京支社はすでに開業して、別に積極的な建設する計画の中で湖北、陝西、重慶、広東、湖南、山東、浙江、江蘇、四川などの9地の省レベル支社があります。
ラベル:日光 信用 株主
posted by 営業 at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。