2008年08月07日

日光の保険や

中国は古代軍事家は言葉がありました:“古来より万世を図らない者、不足は1時を図って、全体の局面を図らない者、不足は1地域を図ります。”1社の戦略的計画をない企業、1社の長期的目標をない企業、歩くのがあまりに遠いことはでき(ありえ)ないことを運命付けます。日光の保険グループはずっと“の高水準からのスタートを堅持して創立して、遠い戦略は発展します”。創業の初めで、張維の功は断固としてもとは悪くない株主をつなぐこととそれぞれ自分の道を歩んで、背水の陣で臨む類はあちこち適当な株主を探して、考慮のは日光の古い発展です。でも、これはただ日光会社と案内人だけを体現していて戦略的計画の1つの側面を行います。日光の創業の初め、張維の功は配置して盤面が強く降りました。

“戦略的計画は企業の方向が導くのです。”会社について創立する初めの予見、計画の能力。張維の功は総括して9つの字になります:遠くまで見えて、思うのが明るくて、するのが本当です。彼の自信は十分にみんなに教えて、日光が1番上等の技術の力で、最も良いサービスのレベル、最も強い市場の能力と最高の利潤の能力、ひとつ開放的で、規格、調和がとれていて、を製造して鮮明な個性の特徴の保険会社があって、社会に親和力、影響力と吸引力を感じさせて、業界の内で人に尊敬されて、魅力をあこがれて満たさせられて、会社の内で活力、動力と合力を表して、従業員に温かみの感を持って、感と栄誉感を充実させます、株主に信頼感を生んで、感の共に同感を期待させますと。

日光の絶対に発展する戦略的計画、それは日光の保険グループの発展に方向を明示して、戦略目標の配置をして、はっきりしている日光の保険グループの発展のパス。その上、すでに発生した事実はみんなに教えて、日光の戦略はすでに早めにそしてを実施して急速に進めます。日光の保険グループの未来の夢、すでに戦略的計画の下で1歩1歩現実になりました。

日光の保険のすでに出て行った3部作(曲)から見にきて、まず財の危なさを設立することを申請して、目標はより少ない資金を使うので、使って比較的に短い時間が利潤を実現して、株主の理解と支持を獲得します、後続戦略のために下地をしっかりと行うことを手配します;先に生命保険で持株グループを創立して、資本にバランスを取り戻して関係を制御することにこのように利益があって、集約の管理を実現します;迅速に生命保険を創立して、会社の全体の戦略の全体の手配です。

日光の保険はこのように互いに掛ける発展の措置に環、理事長兼総裁の張維の功の説明は最も説得力を備えます。彼は、これは決して偶然の合致でなくて、3年前に、将来についてどのように発展して、会社をどんな様子につくって、出発して会社を建てます前に、自分ですでに明らかになったことを考慮しました:保険の業界の中で、財産の危なさは比較して言うと利潤の時間は短くて、ここから始めて、比較的に短い時間の中で利潤を実現することができて、株主の理解と支持を勝ち取って、それから持株を通じて(通って)1つのプラットフォームを建て始めて、更に生命保険を設立しますと表しています。もし逆にするならば、先に生命保険を創立して、更に財の危なさを創立して、しばらくの時間内は損失の泥沼の中で落ちって、株主の理解、信用と支持が得られないで、会社の戦略は話しようがないことを進めます。

業内の権威のある人はかつてこのように評価しました:“日光の3年の歩いたことがある道、創造の業績、保険業を上回ってたくさん10年の会社を創立します。”3年10年他の人に到着して、どのようにやり遂げますか?日光の安全な従業員はたぶん答えて、ここで働いて、一日3日到着して、1年3年到着して、3年の自然は10年到着します。もしこの半分冗談を話し終わるならば、彼らはまたとても丁重なことができてあなたに教えて、このすべてはまた会社の計画、設計が適切ですのおかげです。

容易に見て取れて、日光は絶対に1皿の大きい発展の盤面で、どのように子を配置して、いつ子を配置して、何がふと思いつくのではありませんて、道に従って進むので、漸次広げます。“会社の創立の(以)後で、事ごとに、すべて1歩ずつ着実に進めるので、1本の恒心を使います、1つの決心、1粒の忠誠心が進めます。”“するのが本当です”に話及んで、張維の功は多少感動します。

実は、張維の功はもう少し早い幹の生命保険を思っています。2006年、日光の財の危なさは保監会に生命保険会社の建設する計画の申請を手渡しました。手渡した後に間もなくて、“国の10条”は登場して、張維の仕事率の班長の子の成員が真剣に関連しているファイルを学んだ後に、保険の持株グループの空間あるため日光の財の危ない発展を思って、そこで中国の保監会にひとつ手渡して“日光の保険の発展戦略がおよび生命保険会社のお伺いを設立します”といいます。2007年3月の28 日、保監会は正式に日光の持株会社を創立してとこの基礎の上で日光の生命の保険会社を創立することに賛成します;4月26日、持株会社の準備する材料は保監会を報告して、5月13日、保監会は正式に準備に意見を添えて返答して、6 月22日、30数日だけを使って、絶対に正式の創立に株を所有し経営に参画して、登録する資本金の27.5億元。2007年の年末、日光の生命の保険会社は開業して、現在北京支社はすでに開業して、別に積極的な建設する計画の中で湖北、陝西、重慶、広東、湖南、山東、浙江、江蘇、四川などの9地の省レベル支社があります。
ラベル:日光 信用 株主
posted by 営業 at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。